トップページ > 講座の開催スケジュール

プライベート講座だからこそ話せる海外ビジネスの生情報です。Class schedule

情報収集、将来のために勉強しておきたい。個別相談に最適です。

チェック海外からの問い合わせがもう怖くない!
輸出ビジネスの基礎知識と貿易実務

海外ビジネスの特徴を知ることで外国人が怖くなくなる。

●国内ビジネスと海外ビジネスの違い(4つの要因がポイント:政治、社会、経済、技術)
●輸出ビジネスの特徴、注意点(7つの不安リスクを7つの安心感に変える)
●輸出ビジネスの形態(5つの販売方法を使い分ける:商社と4つの直販)
●販売店、代理店契約を結ぶときの注意点(全ての海外契約で絶対おさえたい7条項)
●輸出ビジネスを成功させる組織と人事の体制(社内体制を作りの具体的な3ステップ)
●輸出ビジネスを成功させる販路開拓の基本(攻めと守りをどう使い分けるか)
●輸出ビジネスでのクレーム対応(海外からのクレームの原因と対策)
●国別の海外ビジネスデータ(香港、台湾、インドネシア、シンガポール、タイ、ベトナム、マレーシア、カンボジア、アメリカ、韓国、インド)

貿易の流れを知ることで海外取引が怖くなくなる。

●貿易の大まかな流れ(商品を輸出するときの手続きの順番)
●商談と契約(オファー、カウンターオファー等の貿易用語の解説)
●輸出準備(L/C信用状とは何か。海上保険、貿易保険の掛け方)
●輸出手続き(通関業者の役割、保税地域の活用)
●日本の貿易を管理する法律(外為法、関税法、ワシントン条約の理解)
●貿易書類のサンプル(引合書、オファー、売買契約書(定型と文書型)、注文書、プロフォーマインボイス、インボイス、パッキングリストのの解説)
●為替手形と荷為替手形の違い(L/C信用状とインボイスの関係)
●代金回収条件あれこれ(L/C信用状を使わない方法あれこれ)
●通関業者の役割(フォワーダーと通関業者の仕事)
●インコタームズ2010を使うときの実務ポイント(危険負担条件を甘く見てはいけない)

60分のプライベート講座、スカイプ講座:開講日時は自由にお選び頂けます。

1名様5,000円
企業での研修:団体割引がございますのでお問い合わせ下さい。
お申し込み・お問い合わせは専用フォームから24時間受付中

チェックこれからスタッフを海外へ赴任させる担当者、駐在員本人の情報収集に!
  海外赴任規程(駐在員規程)の作成講座

日本本社の人事、総務、海外関連部門が行うべき作業と日中の社会保険・税務のポイントを解説。海外給与の設定方法、赴任者規程の作成ポイントを豊富な実例をもとに誰にでも分かるよう解説します。

日本と海外での社会保険の手続き
●海外駐在するにあたっての日本の社会保険資格(在籍出向と移籍出向)
●労災保険の海外派遣者特別加入制度(派遣と出張の違い)
● 海外勤務による将来受給する年金への影響(社会保障協定の適用)
●海外で医療行為を受ける場合の注意点
●海外旅行保険と健康保険のメリット・デメリット
●海外の社会保険制度の概要と適用範囲

日本と海外での税務手続き
●日本における海外勤務課税の概要(海外勤務の所得税と住民税、納税管理人、役員報酬の扱い)
●海外における個人所得税の概要(日本の所得税との比較、税率、適用範囲、非課税所得、税務登記、納税義務の判定、外国人の月次申告と年次確定申告)
●租税条約(「短期滞在者免税」(183日ルール)のよくある誤解と正しい知識)

海外給与体系と赴任者規程の作成ポイント
●基本給の考え方と自社にあった方法の見分け方(完全別立て、購買力指数、国内給与ベース)
●海外勤務で一般的な各種手当ての理解(海外勤務手当、ハードシップ手当、家族手当、留守宅手当)
●駐在員にかかるコスト試算のやり方
●家族帯同、単身赴任のケースの取り扱い
●現地スタッフ規程との整合性(現地でのリスク回避の方法)
●海外勤務規程の基本項目(全ての会社、業種に共通する基本項目の解説)

120分のプライベート講座、スカイプ講座:開講日時は自由にお選び頂けます。

1名様10,000円。
企業での研修:団体割引がございますのでお問い合わせ下さい。
お申し込み・お問い合わせは専用フォームから24時間受付中

チェック2000年から蓄積してきたノウハウを全てお教えします! 外国人雇用と離職の実務知識。
  外国人を雇用するとき、フェアに離職してもらうための実務講座 中国欧米編

「外国人をどこで募集すれば信頼できる人を見つけられるのか」「日本人社員との違いをどのように管理すれば良いのか」「就労資格(ビザ)の申請書類はどこまで書けば良いのか」といった課題や悩みを抱えている人事担当者、経営者に向けて外国人の募集採用、管理、そして離職までの実務知識を総合的に学べます。

外国人の雇用状況
●厚生労働省の資料、アンケート調査からみる外国人雇用状況
●外国人留学生のいまどきの勤務実態
●出身国別の就労資格(就労ビザ)の現実

信頼できる外国人を募集・採用するときの実務
●在日外国人を募集するときの広告における注意点
●中国、香港、アジア、欧米から呼び寄せ、呼び寄せ後のトラブル事例あれこれ
●留学生を面接するときに聞いておかないとトラブルになる10の質問
●条件交渉に役立つ出身国別の商習慣
●トラブル防止の労働条件の提示、内定の出し方

外国人を雇用するときの実務
●就労資格(就労ビザ)の種類と必要書類一覧
●不正、横領、転職時の機密漏洩、逃亡に対しての防衛策
●入社時と在職時のパスポート、在留カードの管理について
●就労資格の更新、変更のときの実務注意点
●雇用形態、支払い方法による社会保険適用の違い
●社会保障協定を使った保険料免除の方法
●在日外国人に適用する租税条約の実務知識

外国人の労務管理の実務
●日本人社員とのトラブルを防ぐ
●就業規則、社内規程を守らせる
●外国人雇用に必須の就業規則事例

外国人社員によくあるその他事例
●日本で、母国で結婚をした
●日本で、母国で子供が生まれた
●家族を日本に呼び寄せたいと申し出た
●日本での永住、日本国籍帰化を申し出た
●実際に起きたトラブル事例

120分のプライベート講座、スカイプ講座:開講日時は自由にお選び頂けます。

1名様10,000円。
企業での研修:団体割引がございますのでお問い合わせ下さい。
お申し込み・お問い合わせは専用フォームから24時間受付中

 もっと気軽に勉強できる講座はこちら!

ページトップへ戻る

SITE MENU